開幕3戦目。前日の試合とはうって変わって、ジャイアンツの打線が爆発。

それを引き出してしまったのは、去年と変わらない三嶋の投球でした。
 

オープン戦で不安だった三嶋のピッチング

中畑監督のオープン戦での三嶋の投球は、絶賛の嵐だった。確かに数字だけを見れば、打たれたヒットも少なく0点に抑えるピッチングをしていた。
 
しかしながら、私な印象は最悪なものだった。
 
オープン戦での三嶋は、相変わらず抜け球が多く、変化球でストライクを先行させることができない。変化球でストライクが取れないのでストレート中心になり、バッターに気持ち良くバットを振られていた。
 
結果が出ていたのは、打者が打ち損じていたり、いい当たりが野手の正面に飛んでいたというだけだ。
 
その不安がこの試合で的中した。
 
やはり、抜け球が多くストライクを先行することができない。先頭打者をことごとく出塁させてしまっては、抑えることは難しい。
 
また、オープン戦で大きな武器となっていたチェンジアップが、序盤で抜けてワイルドピッチになってしまい、投げられなくなってしまったことも打たれた理由の一つだろう。
 
四球を5つも出してしまっているようでは、勝てるわけがない。

 

野手に信頼されない投球

あまりにも三嶋のピッチングに怒りを覚えてしまったので、もう少しだけ。
 
昨日の三嶋の投球で1番気に入らなかったのが、4回の村田への死球だ。
 
3回に、筒香のタイムリーで1点差に追いつき、その裏は四球でランナーを出したものの後続を打ち取り、いい流れがベイスターズに来ていた。
 
4回のチャンスは、またも石川によって潰されてしまったが、5回の攻撃は2番の桑原から始まる好打順だ。にもかかわらず、先頭打者の絶不調村田に対して、スライダーが抜けて死球を与えてしまう。
 
ほぼ安パイの村田を出塁させ、亀井に本塁打を打たれる。いや、でもベイスターズ打線なら3点差なら…というところで、5回の先頭打者井端に、またしても四球を与えてしまう。
 
打者にしてみれば、これほど信頼できない投手はいない。野球は他のスポーツと違って、ゲームに流れがあるスポーツだ。攻守のリズムがあった時、打線は爆発する。
 
実際、昨日のジャイアンツがいい例だ。4回のピンチをなんとか無失点で切り抜けたことにより、その裏の亀井の本塁打が生まれたし、点を取った次の回、上位打線を三者凡退に抑えたことによりその裏の大量得点が生まれた。
 
ジャイアンツの選手たちがヒーローインタビューで、こぞって「先発の高木勇のために!」と語っていたが、野手陣にそう思わせるピッチングを高木勇はしていた。
 
先発投手の差が、昨日のゲームの勝敗を決めてしまった。
 
 

ベイスターズ的まとめ

昨日の良かった点を探すとすると、倉本が猛打賞だったり、林・加賀・小林寛が登板できたことだろう。林と小林寛は失点していたが、まずは投げさせられたことをプラスとして考えたい。
 
セリーグは、大方の予想通りAクラス予想の3球団が勝ち越したわけだが、まずは各球団と対戦が終わるまでは一喜一憂するのはやめよう。
 
今週は、カープとヤクルトとの対戦。なんとかここで勝ち越したいものだ。